メールに効果はある?効果測定ができる

効果測定の重要性とは

メール配信のメリットはたくさんありますが、その一つが効果測定できるということです。
配信したメールがどれだけ読まれているか、そこから購買に繋がっているかなどを分析することができます。効果測定を分析することで、見込み顧客を顧客にすることにつながります。
効果測定によって、メールが届いているのか、メールの開封率やURLのクリック率はどれぐらいか、ユーザーのアクションはメールでどれだけ得られているか、開封されていないならどう改善すれば良いのかなどを数値で知ることができます。
効果測定を分析することで、メルマガの内容の改善や、ユーザーに見てもらえるタイトルを工夫するなどができます。また、次の戦略を立てるのに役立ちます。

効果測定後にできる工夫

効果測定後には、何が悪かったのかを分析することが可能です。分析をした後は、できる工夫がいろいろあります。 ユーザーにメールを見てもらうためには、タイトルが重要となってきます。ユーザーはタイトルで読むかどうかを判断することが多いため、読むことで得られるメリットを書くなど、ユーザーの興味を引くことが重要です。 配信のたびに効果測定を行うことで、ユーザーの興味のあるタイトルを知ることができ、開封率を向上させることができます。 また、URLのクリック率を上げたいときには、文章を工夫することも大切です。メルマガは知りたい情報だけをサッと読む人が多く、URLをクリックする人は少ない傾向にあります。そのため続きの気になる文章にして、詳細をリンク先で確認できるようにするなどの工夫をすることも効果的だと考えられます。