セキュリティ対策ができる

通信の暗号化やアクセス制限ができる

メール配信サービスのメリットの1つとなるのが、セキュリティ対策があることです。具体的なセキュリティ対策として挙げられるのが、通信の暗号化でしょう。SSLを利用して通信の暗号化を行うことで、第三者によるデータの盗聴や改ざんを防ぐことが可能になります。メール配信サービスでは管理画面のアクセス制限を行えるのも魅力的なポイントです。アクセス制限を設けることによって、許可を得たIPアドレスでしか管理画面にアクセスできなくなるため、知らない人に勝手にメール配信の設定を変更される心配がなくなります。操作ログを記録して確認できるのも、メール配信サービスのメリットです。操作ログを記録しておくことで、操作ミスや情報の漏洩をチェックできるようになるでしょう。これらのサービスを利用することでセキュリティが向上します。

不正ログインの対策もある

メール配信サービスのセキュリティを向上させるための対策として不正ログインを防げるものがあります。それが不正ログインのロック機能です。例えばログイン画面で連続してログインに失敗すると、ロックがかかるようになっています。このような対策を行うことで第三者による不正なアクセスやリストアタックを防ぎやすくなるでしょう。またワンタイムパスワードを導入することによって、IDやパスワードが漏洩してしまっても第三者に管理画面へとアクセスされる可能性が低くなります。他にもログインの際に二段階認証を求めることで、不正なアクセスを防ぎやすくなるでしょう。このようにメール配信サービスには様々なセキュリティ対策ツールがあるため、積極的に利用しておくのが良いと言えます。